株式会社東広島タクシーは SDG's を取り組んでいます

2015年9月に開催された国連のサミットにおいて、世界をよりよく変えていくために、2030年までに達成したい17の目標(ゴール)を設定しました。その17の目標(ゴール)を達成させる為に、全世界の人々ができることを行っていくことがこのキャッチフレーズの趣旨です。

■17の目標(ゴール)って何?

17の目標一覧

【 ゴール 1 - 6 】

貧困をなくす、飢餓をなくす、
医療福祉がうけられる、
教育を誰もが受けられる、
男女差別をなくす、
安全な水を提供する等、
どちらかといえば発展途上国に多くみられる
問題点をなくす為のゴールです。

17の目標一覧


【 ゴール 7 - 12 】

クリーンなエネルギーの提供、
働きがいと経済成長、
産業と技術革新、
人と国の平等、
つくる責任使う責任等、
日本も含めた先進国などでも
当てはまるゴールです。

17の目標一覧


【 ゴール 13 - 17 】

気候変動への対策、
海洋汚染を防ぐ、
森林伐採をやめる、
平和で公正な世界を、
みんなパートナーとして協力しましょう等、
全世界で挑むべき地球を守るべき目標です。

17の目標一覧


以上の17のゴールを「持続可能な開発目標」
英語にすると「Sustainable Development Goals」 略して、「SDGs」と言われています。

■東広島タクシーが取り組むゴール

私たちが取り組む3つのゴール

ゴール5:ジェンダー平等を実現しよう

女性が活躍できる勤務形態の維持

タクシー・バス業界は男性ばかりでございますが、
弊社では男性ドライバーだけではなく女性ドライバーも活躍しております。
女性でも抵抗なく働ける日勤ドライバー制度を設けて、
「人財」として活躍をして頂いておりゴール5達成へ向けた一助としております。


ゴール8:働きがいも経済成長も

フレックスな勤務形態と
積極的な設備投資と事業拡大

タクシー業界は隔日勤務といわれる勤務が昔から大半であり
現在もそういった企業も多く、弊社も隔日勤務がほとんどです。
ゴール5でもある様に深夜帯での女性ドライバーの危険性等の考慮はもちろん、
ドライバーの体調、家庭環境等を考慮したフレックスな勤務も一部で導入しております。
また、ニーズに合わせて車両導入等を積極的に行う設備投資・事業拡大も積極的に行っており、
ゴール8達成へ向けた一助としております。


ゴール13:気候変動に具体的な対策を

環境にやさしい車両の導入と
エコドライブの実施

「自動車」を使った事業であるためCO2の排出問題等、
環境面で大きく影響を与える業界でもあります。
そこで、ハイブリッドカーの積極的な導入はもちろん、
LPGハイブリッドという高燃費で環境にやさしい車両も県下最大の導入数でございます。
車内でもアイドリングストップ運動の実施やエコドライブ指導等を行い、
ゴール13達成へ向けた一助としております。